tomored

ドキュメンタリーフィルム

台湾







ここ宜蘭に来て1ヶ月

工事のスイッチから、月光荘での日常が始まりました。

 

隣の小間書菜のみなさんと、

一緒にご飯をつくったり、昨日は畑のちょっとしたお手伝いも

 

夜は地元のいろんな人が来てくれて

毎夜宴会です。ところ変われどな日々が始まってまいりました。

 

いつの間にか、ここが自分たちの家になってきて

とても落ち着いてきてしまいました。

うーん このまま ずっとここに居たいよ

でも、来週あたりには、帰らんとなあ、 などと

ぼんやりしとります。

 

呪文のような、いっつも喧嘩してるように聞こえてた中国語も

耳が慣れてきたように思うし、使う単語は少しだけ(本当に少しだけ)

覚えてきたような。

 

このひと月の暮らしの中で

何かが変わっているようにも思えるけど

それがわかるのは、きっと沖縄やないちに帰ってからなのでしょうか。

 

言葉の壁は大きく感じながらも

会う人、会う人と親しくなれたり

もちろん、地元の皆さんのあったかい心意気で

日々楽しく、健やかに送っております。

 

田植えが始まり

これから忙しくなる時期なので

田んぼや畑に興味のある人は是非

声をかけてください。

 

「友善農法」と呼ばれるこの街の農法

その中心的な場所であり発信地である「小間書菜」やこの村のことを

クローズアップしたテレビ番組があります。

45分もの長い時間の番組で

農業を志す若者が宜蘭を目指すことや、この街のことをスクープしています。

 

あめしゅうとマサシルバと、真理子姉さんと、姫ちゃんと

MOONRINGS台南の後に、初めて、宜蘭を訪れて、

 

劉君に会いに来た日がたまたま

この撮影の日で、

 

僕らのライブ風景もこのフィルムに記録されています。

なんとも偶然のことですが、ありがたいです。

 

このライブの後に、ここ宜蘭で月光荘をやろうという話になり

運命の日であったことも、縁を感じます。

 

 

字幕付きで、今この場所で月光荘をつくるにあたり

関わってくれている人が、いっぱい映っていますんで

参考に、ご覧ください。

 

近況の記録はまた、追ってお知らせしますね。

 

それでは

 












【大愛全紀錄】20170219 – 他和他的朋友們








« »