tomored

夢有民牧場・満月乗馬キャンプ

アルバム2013-2014 MOONRINGS フォトアルバム

 

それは 2000年のこと、僕がまだ23歳で、アメシュウが月光荘をやっていて

オーストラリアで乗馬を習い、道を挫折し、東南アジア一人旅で、サブカルチャーと出会い、旅の途中で、

沖縄と出会い、流れ着き、月光荘と出会ってた頃、当時、ムウミンさんのところで、お手伝いをしていました。

 

僕が月光荘と出会う前。

牧場もまだビーチロックハウスと出会う前。

 

ムウミンさん家族の中に

自分や何人かの人が手伝いで住んでた頃。

 

朝は早くから、動物の餌やり、一番下の娘を学校に送り、草刈りをして

馬や牛の世話、草刈りに、たまに月光荘や柏屋から来る まれな乗馬のお客さんのインストラクター

 

乗馬はしたかったし、楽しかったけど、お客さんはあんまし来ない。

堆肥を売りにいったり、乗馬のお客さん探しにいったり、

 

 

今の月光荘が廃屋の状態で、それを工事するアメシュウと出会うまでの数ヶ月は

ぼくはここでムウミンさん家族と「南の国から」の沖縄田舎暮らしをしてました。

 

月光荘も自分も、そして もちろん

ムウミンさんもムウミン牧場も たくさんの出来事や時間が過ぎ去り

 

自分も家族をもち、赤ん坊を抱えながら、沖縄南部に住み

月光荘をぎりぎり自分で運営しはじめた頃から、少しづつ離れてしまい

 

そんなに会いにいけなくなったり、乗馬することもなくなってしまったけど

 

あれから三年、「通い船」三年、

雨雲に隠れて、ちらりとしか見えなかったけど

月食や久しぶりの乗馬、牧場でキャンプした三泊は

 

また自分とムウミン牧場の「縁」をふたたび繋いでくれたような

そんな風に思えました。

 

時間は巡り巡って また繰り返すのかな

 

14年前、当時11歳で2歳から我が家にいる馬と出会っているムウミンさんの

末娘ののかと一緒に乗馬しながら、乗馬での帰り道の山道で、

うしろからムウミンさんに叫ばれながら

 

今回も競争だね!って 林道を全力で一緒にギャロップ!

追い越しても、結局抜かれるんだけど、当時から牧場で

乗馬のインストラクターをしてた彼女と

 十年ぶり以上の、そのとき当時以来の再会のようで印象的でした。

 

今では彼女もお母さんで、なんか「おっかあ」に似てきたような。

 

もちろんいろんなことが変わってるんだけど、

でも変わらないムウミンさん家族と

 

長い長い 時間軸を飛び越して、魔法がかかったような時間を過ごしてきたような。

当時の時間とシンクロして見えるような不思議な時間でした(笑)。

 

一緒にキャンプに参加した、今のスタッフや、宿で会った人たちと

結局、みんな乗馬でして、はじめて乗る馬の不思議さや楽しさ、

もちろん怖さも奥深さも、いろんな感動を共有できてよかった。

 

時間も短く、交代でみんなにもっと乗ってほしかったから

自分はそんなにたくさん乗れなかったけど

 

それは「その分また、みんなをつれて乗りにきなさい」

というメッセージに変換して

 

沖縄でこれからも、その昔のように月光荘で出会った人たちと

乗馬をしにムウミン牧場へ遊びに行こうと思いました。

 

これからも乗馬したい人、声かけてね!

一緒に遊びにいこう!

 

トモレッド


 


« »