tomored

月光荘ヘルパー募集 2018.4月〜

月光荘の日常

 DSCN0784 のコピー

2018年4月からの

 

月光荘のヘルパー・スタッフ募集!

月光荘という「宿」と

つきのわという「酒場」の

 

お手伝い業務です。

 

月光荘でのヘルパーの経験を通じて、

今後、長期で月光荘を守ってくれる

「スタッフ」も募集しています。

 

興味のある方はこの記事を

最後まで一読して、

ご連絡ください。

 

ヘルパー期間: 最低1ヶ月から(応相談)

 

条件

   月光荘に宿泊経験のある人

   月光荘が好きで、泊まれる飲み屋に興味がある人

   月光荘に泊まりながら手伝ってくれる人

内容

   宿の掃除・宿泊準備や宿泊案内全般

   夜の月光荘の宴会等のお手伝いなど

         夜のつきのわのバーテンダーのサポート

 

時間・日数などは相談の上

月光荘での宿泊やごはんなどと、交換で、

1日数時間 宿のお手伝いをしてくれる方。

 

その時々によって募集が異なります。

 

掃除・宿泊業務全般

午前中から昼過ぎごろまでが中心のお手伝いです。

受付業務・掃除・ベッドメーキングなど

 

飲食業務全般

飲食に興味があり、宴会等のお手伝い。

バーテンダーのサポート

 

 

 

 

 

tomored2

 

月光荘沖縄・つきのわ 代表 

トモレッドからメッセージ

tomored/ profileはこちら

http://gekkousou.net/tomored-3/

 

毎日が「劇場」みたいで、毎日が「漫画」みたいな、

ここ「月光荘」の風景にかれこれやがて20年。

 

仕事は宿屋で飲み屋なんだけど、

ただの宿屋でも飲み屋とも思っていません。

 

俺たちは何屋なんだろう。。。。

と、そんなことにはもう、今さら悩みませんが(笑)

 

こんな世界と、この役割を大いに楽しんで日々を過ごしています。

 

スタッフの役割においても同様に、

単純な日々の仕事(掃除、洗濯、ベッドメーキング、調理補助など)、

比較的、誰にでもできる仕事だと思います。

 

けれどその中に複雑な「日々の出来事」が、時間の中に溢れています。

 

沖縄の「玄関口」であります。「大先輩」の民謡の歌い手の師匠はここを

「恋の港」と呼んでくれました(笑)

 

そうですね、確かに 那覇という「旅の港街」には

生き様や価値観の違う人たちが日々流れ流れて、ここにやってきます。

 

ここは、かれこれやがて 20年、ある意味、

そんな流れ流れてやってくる人たちの

情熱的で、優しく、あたたかい気持ちによって、

守られ続けてきたからこそ

今もなお、「在る」場所だと思っています。

 

多種多様に自由な それぞれの時間の流れが そこにあって

それぞれに個性的な 見え方の違う「風景」がそこにあるからです。

 

ここには、いろんな人たちがやってきます。

 

初めての沖縄旅行の人もいれば、何度も来てくれるリピーターも、

月光荘から沖縄に住んだ人たちも、たまたま何かで知った近所の人も、

地元の人も、そんな人たちが宿や向かいの飲み屋にやって来て

出会い、繋がり、その日、その人たちのカラーによって

その日にしかない「宴」が彩られていきます。

 

もしも、自分がその場所にいたら

めまぐるしく流れていく、「その時間」を、どう感じますか?

やってくる「その瞬間」たちと、どう出会っていきますか?

それを「楽しい」と感じてもらえますか?

 

自分がこういった場所で何かをしたいか 

という気持ちが、

 

役割を持つ人として、一緒にやっていく人として

とても大切なことなのです。

 

価値観はそれぞれに違うものなので

月光荘の仕事にしても

時間そのものが、「財産」のように思える人もいれば、

面白くないように思う人もいるだろうと思います。

  

自分にあった宿に巡りあい、

そこで、自分と感覚のあう人に出会え、

その人から、心の中にある探し物の「何か」や

「ヒント」にめぐりあえたとしたら、

僕らなんかの宿屋としては、それが一番

うれしい出来事 なんじゃないかなって思っています。

 

だから、その人その人にとって、いい場所を

ナイスキャッチできるように

 

ヘルパーさんはそのお手伝いをする人であり

「僕ら」らしい月光荘を一緒に創っていく人の一人でもあります。

 

なので、働くにあたり、お手伝いするにあたり

 

ぶっちゃけますが、例えば、アルバイト感覚で

「とりあえず、旅費の節約だけのために、

働けるゲストハウスなら別に、どこでもいい」

と思う人には、おそらく

割が合わず、月光荘らしいハードな時間を

こなせないかもしれません。

 

全てが全てでは、もちろん ないと思いますが、

月光荘は色々と風変わりなところも多いので

自分で、この空間を体験して、

感じて、楽しんでもらえた上で

 

長く滞在することを自分で決めてほしいと思っています。

 

そういう意味で

宿泊されたことのない方や、僕ら自身も面識のない方には

まず、宿泊されてからのご相談をお願いしています。

 

結局は「人と人」ですので

僕らとも面と向かって出会ってみないと、何もわかりません。

 

ですが、もしも、読んでくれた方の中で、

一度宿泊しに来た時にでも

その時に、何か感じてくれるものがあれば、

 

こればかりはタイミングと出会いですが、

直接 尋ねてみてください。

いっしょに楽しみながら、手伝ってくれるのでしたら

こちらも助かります。

 

器用・不器用はきっと関係ありません。

なぜでしょうか。

人と接するのが、得意か苦手かということも

あまり問題ではないように思えます。

 

あまり柔軟に適応するのが苦手な人のほうが

逆に適応してしまう場合があったりもします。(不思議ですね)

 

今を生きている、自分をとりまいている「社会」や「世界」に

何か疑問を持って生きている人のほうが「ある意味」

「まとも」で「健康」だと思うところもありますので、

 

直感的にでも、僕らの宿を気に入ってくれて、

とにかく何か、思いきりな気持ちで やってみたいと思う方

ご相談ください。

 

愉快に楽しく、全力で 一緒にやれたらと思っています。

 

月光荘は、毎日何が起きるかわからない場所なんで、

「なーんもない日」もあれば、「激務な日」もあります。

 

「イレギュラー」なことばかりで

いろいろな予定が、予定通りにならないことばかりです。

 

ですが、なんとかその日その日を、いい1日にしようと

スタッフたちとで創り上げていますので、

 

沖縄が好きで、月光荘が好きな人 

どのタイミングでも

 

声をかけてみてください。

 

あ、そうそう さらに旅の玄人さんかもしれませんが、

 

台湾の月光荘や京都の月光荘でも 

そんなヘルパースタッフをやってみたい人も

随時(時期やタイミングですが) 募集していますので、

そちらもあわせて体験してみたい方 連絡をください。

 

長くなりましたが、読んでくれてありがとうございます

一度きりの人生、大いに楽しんで、

 

月光荘から始まる素敵な出会いや発見がありますように!

 

GOOD LUCK!!

 

代表

tomored

 

images-2

ゴ・連絡 

オ・待チ・シテ 

イ・・・・ナス

 

 


« »