tomored

月光荘2016 スタッフ・ヘルパー募集

ごあんない スタッフ

 DSCN0784 のコピー

月光荘・つきのわ ヘルパー募集!

月光荘という「宿」と「酒場」のお手伝い業務です。

期間:1ヶ月から(相談)

条件

   月光荘に宿泊経験のある人

   月光荘が好きで、泊まれる飲み屋に興味がある人

   月光荘に泊まりながら手伝ってくれる人

内容

   宿の掃除・宿泊準備や宿泊案内全般

   夜の宴会等のお手伝いなど

時間・日数などは相談の上

月光荘での宿泊やごはんなどと、交換で、

1日数時間 宿のお手伝いをしてくれる方。

午前中から昼過ぎごろまでが中心のお手伝いです。

飲食に興味があり、宴会等のお手伝いをしたい人も相談ください。

もっとやりたい人、もっといろいろ興味がある人は

月光荘でのヘルパーの経験を通じて、

今後、長期で月光荘を守ってくれるスタッフも募集しています。

興味のある方はこの記事を最後まで一読して、ご連絡ください。

tomored2

代表 トモレッドからメッセージ

毎日が劇場で、漫画みたいな月光荘の風景。

仕事は宿屋なんだけど、ただの宿屋とは思っていません。

単純な日々の仕事は、誰にでもできる仕事であっても、

複雑な日々の出来事が、時間の中にあふれているからです。

沖縄の「玄関口」である 那覇という「旅の港町」には

生き様や価値観の違う人たちが流れ流れて、ここにやってきます。

ここは、かれこれ15年、ある意味そんな人たちの気持ちによって、

守られ続けてきたからこそ「在る」場所だと思っています。

多種多様な それぞれの時間がそこにあって

それぞれに見え方の違う「風景」がそこにあります。

初めての沖縄旅行の人もいれば、何度もきてる旅行者も、

月光荘から沖縄に住んだ人たちも、近所の人も、地元の人も、

夜は、ふらりと、そんな人たちが宿や向かいの飲み屋にやって来て

出会い、繋がり、その日、その人たちのカラーによって

その日にしかない「宴」が彩られていきます。

もしも、自分がその場所にいたら

めまぐるしく流れていく、「その時間」を、どう感じて

やってくる「その瞬間」たちを、どう出会って

自分が何をしたいか、という気持ちが、

役割を持つ人として とても大切なことだと思います。

価値観はそれぞれに違うものなので

こうして人が流れ流れていく場所にいても

その時間「そのもの」が、その人にはお金より大事な

「財産」のように思える人もいれば、

ただの消費するだけの労働だけで、何も感じない人もいるだろうし、

こんな世界はどうも苦手で、距離をとりたいな~って思う人もいたり、

旅する人にはいつも、気にいった「宿」に泊まって欲しいと思っています。

自分にあった宿に巡りあえて、

そこで、自分と感覚のあう人に出会えて、

その人から、心の中にある探し物の「何か」や「ヒント」にめぐりあえたとしたら、

僕らなんかの宿屋としては、それが一番「うれしい出来事」なんじゃないかなって思います。

だから、その人その人にとって、いい場所を

ナイスキャッチできればいいのにな〜って 常常 思っています。

とにかく

思いきりな気持ちで、

器用・不器用関係なく、

できる・できないを最初に決めず

僕らの宿を気に入ってくれて、

なんかやってみたいって気持ちで、思いっきり、

そして 愉快に楽しく一緒にやれたらと思っています。

月光荘は、毎日何が起きるかわかんない場所なんで、

時に「激務」であり、時に「ゆっくり・のんびり」であり、

いろいろな予定が、予定通りになりません。が

なんとかその日その日を、いい1日にしようとスタッフたちとで創り上げています。

「仕事」であり、「遊び」であり、僕には「生き方」であり、「役割」であり。

全力で走り抜けていく、若くて、元気で、わずかな時間の中の、

「とある通過点」になってくれたら何より嬉しいです。

近年、飲み屋が盛り上がり、お酒を飲む宿というイメージが強いですが、

僕自身、それがすべてとも思っていませんし、

別にお酒が飲める・飲めないという「くくり」は関係なかったりします。

でも「そんな時間が好き」かどうかは、大切なことだと思ってます。

「玄関口」であり「港」であり、「人と出会う」場所であり「酒場」でもあり

「キャンプ場」みたいでもあり(ドミトリーなのに??)、

とにかく「ヘンテコなところ」であり、一言では言い表せないところであり、

これからも、かわらずそうでありたいと思っております。

ヘルパーさん募集で、

ながながと書いてしまいました。

気持ち書いたら、あふれちゃいました。(笑)

わかりにくかったらすいません。

まとまりませんが

大切なことなので、読んでもらって、なんとなくでも

感じてもらえたら嬉しいです。

あらかじめ言っておきたいことがひとつあります。

宿のヘルパーを体験してみたくて、

別にゲストハウスであればどこでもよくて、

旅の費用の節約だけにこだわっている方には、

月光荘特有の複雑でハードで楽しい仕事の部分で、

割が合わないと思うのでおすすめできません。

あくまで、「月光荘」でやってみたい人を待っていますので、

「志」(こころざし)の ある方、この夏から待っています。

素敵な人たちがこれからも来てくれるような宿を

創っていけるように自分も頑張っていきます。

いろいろ書きましたが、ひと夏のヘルパーでしたら、

「勢いまかせ」や「行き当たりばったり」でもいらっしゃい!

まずは、短期でも思い切りやってみたい。

そんな人にこのメッセージが届いていきますように

そんな興味や好奇心ある方、いろいろ相談にものります。

いつでも連絡ください。

そういった意味も込めて、文頭にも書きましたが

宿泊されたことのない方からの

申しこみは お受けできません。

興味を持たれた方は、ぜひ一度、

まずは宿泊しにいらしてください。

みなさんからの「情熱」「好奇心」をお待ちしています。

images-2

月光荘のメールやトモレッド宛に

直接 連絡ください!

よろしくお願いします!!

すぐに連絡できない場合もありますが

必ずこちらから連絡します。

メッセージと連絡先よろしくお願いします!!

tomored


« »