tomored

満月の夕

台湾

今年は、ちゃんと寒い冬ですね。

風のぬけていく 宜蘭も体感は、しっかり寒いです。

 

ま、薄着ですが、、、。(笑)

 

テラスで、お茶を飲みながら、ギターを弾いていると

 

 

大きなトラックが、宿の前に止まる。

ん?なんか頼んでたっけ?

 

 

 

あーーー!!

あめしゅう大変だあ!

泡盛が来た!!

 

総計 100リットルの大口注文。

 

銘柄は瑞穂。

 

あめしゅうも書いてましたが、

なんと、瑞穂は台湾でつくられていたんです。

月光荘の泡盛は代々「瑞穂」

 

これも、何かの縁だなって、思ってしまいます。

 

テラスができて、流れが大きく生まれたような感じがします。

 

大枠はできましたが、

決して、工事が終わったわけではありませんが、

 

お客さんも来てくれて、

何となく 月光荘の日常が始まりました。

そんな感じです。

 

さて今日は満月 BBQ

劉くん亭に、みんなを呼んでくれています。

 

トラックに「宴」(うたげ)を積んで

 

 

しゅっぱーつ!!

 

 

宜蘭で会ったアリくん手作りの焼き台。いっぱい焼けるね。

 

 

 

「俺たちがやると大体こうなっちゃうんだよね」(笑)

雨柊の言葉

 

焚き火と、囲炉裏と、座敷椅子。

楽器にライブ、セレクト・ナイスミュージック。

 

これだけでいいし

そこにだいたいある。

 

 

ところ変われど、変わらない。

されど、柔軟にわん曲しながら

 

出会う人たちと、その景色との融合。

 

そして、乾杯と宴。

 

描いている「MOONRINGS」

そんな景色と瞬間を。

 

 

今度はおつまみの仕込み

なんせ、30人くらい来てくれるって!

劉くんとえいごが市場に行ってくれました。

 

ありがたや。はりきって仕込みしました。

 

 

 

 

そして、もろもろの

野菜や一品料理の仕込みと、えいごは鶏スープの仕込み

 

焼きおにぎりも好評でした。

 

 

 

そんな感じて、仕込みしてると。

 

 

 

雨柊が、海から大量の薪を拾ってくる。

全部もしちまおうぜ!って。

 





 

 

世も更けて、人も集まりだして

乾杯が始まる。

あまり、うちなータイムはないのかな(笑)

たくさん人が来てくれました。

 

 


ご挨拶も兼ねてライブさせてもらいました。

 

 

ここでのライブは、毎度、

たくさんの挑戦や冒険があり

本当にいい経験を積むことができますわ。

来てくれたみんなが歌や音楽を楽しんでくれたみたいで

ありがとう!

 

ストリートパフォーマーのケンくんも続いて

歌ってくれました

 

一緒に沖縄民謡も歌ったり

いい瞬間でした。

 

大盛り上がり。

 

 

 

こういう時間を繰り返しながら

一緒に遊んでいきながら

 

台湾と宜蘭での月光荘を深めていきたいと思っとります。

面白かった〜!!本当に、いい夜でした。

 

次は19日!!

 

月光荘・宜蘭の

お披露目パーティーします!

 

日本からも、みなさんくるのも待ってますよ!

 

珍客万歳!!

 

 

トモレッド


« »